新宿で入れ歯・義歯の治療なら

〒162-0045
東京都新宿区馬場下町61-9 山口ビル2階
東京メトロ東西線「早稲田駅」より徒歩1分

診療時間
9:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × ×

△:14:30~18:00
休診日:木曜・日曜・祝日

ご予約・お問い合わせはこちらへ

03-3232-6482

よくあるご質問

ここでは入れ歯治療に関するよくあるご質問をご紹介します。どうぞ参考にしてください。

入れ歯は何年ほどで作り替えないといけない等はあるのか?

虫歯や歯周病、または事故などにより歯を失った場合の治療の選択肢として広く知られている入れ歯ではありますが、入れ歯の寿命はおよそ5年前後と言われ、入れ歯の作り替えの時期として推奨されています。しかし、なかには「入れ歯はなぜ、5年程度で作り替えしなくてはならないのか?」と、疑問に思う人も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、入れ歯の作り替えの時期や目安などについて、詳しくご紹介して行きましょう。

 

入れ歯は保険診療で作製するか、自費診療で作製するかで材料の種類や質に違いがありますが、基本的に歯科用レジンと金属で形成されています。レジンはプラスチックであるため、高温や対合歯との摩擦による経年劣化や、歯槽骨の吸収により入れ歯が合わなくなる傾向があります。

 

初めて入れ歯を作製する患者さまの中には、入れ歯は一生ものであると勘違いされる人も少なくありませんが、お口の中は日々変化し続けるために、それに合わせて入れ歯の調整が必要となり、部分入れ歯、総入れ歯に問わず、その寿命はおよそ5年前後であると考えられています。

 

また、入れ歯を作り替えなかえればならない理由は経年劣化だけではなく、新たに歯を失った場合も入れ歯を作り替えなければならず、実は入れ歯を作り替える理由で一番多いのは「新たに歯を失った」ことによる、作り替えであります。

 

以下が入れ歯の作り替えを検討する目安となります。

 

・入れ歯が合わず、補修では追いつかない

・臭いが酷い

・新たに歯を失った

・入れ歯の審美性が気になってきた

 

・作製してから5年以上経過した

以下のページもご覧ください

当院で行っている入れ歯治療がどんなものなのか、その特徴をご紹介しています。

当院がご提供している入れ歯治療の種類について、詳しくご説明しています。

ご来院から治療終了まで、どのように治療を進めていくかをご紹介しています。

院内の様子や、治療に使用する設備・機器などをご紹介いたします。

頻繁にお問合せいただくご質問について、回答をまとめました。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布も予約可能です

03-3232-6482

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:9:30~13:00
午後:14:30~19:00
△:14:30~18:00
休診日:木曜・日曜・祝日

03-3232-6482

〒162-0045
東京都新宿区馬場下町61-9 山口ビル2階
東京メトロ東西線「早稲田駅」より徒歩1分