新宿で入れ歯・義歯の治療なら

〒162-0045
東京都新宿区馬場下町61-9 山口ビル2階
東京メトロ東西線「早稲田駅」より徒歩1分

診療時間
9:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × ×

△:14:30~18:00
休診日:木曜・日曜・祝日

ご予約・お問い合わせはこちらへ

03-3232-6482

当院の入れ歯治療の特徴

経験30年以上の院長が入れ歯治療を担当

当院の院長は、歯科医師になって以来30年以上(※)にわたり、数多くの入れ歯治療に携わってまいりました。

しっかり噛める・痛くない・外れない、という3拍子そろった入れ歯を作るためには、精密な型取りと噛み合わせの分析が重要です。そしてこれらの技術を身につけるには、治療経験を積み重ね、知識と技術の研鑽が必要となります。歯科医師なら誰でもできるわけではありません。

その点、当院の院長は数多くの治療経験を積み、専門的な知識を十分に身につけています。「桜井式無痛デンチャー」や「インプラントオーバーデンチャー」といった、技術が求められる特殊な入れ歯をご提供できるのは、そのためです。

痛い、噛めない、外れやすいなど、お使いの入れ歯について悩みをお持ちの方は、ぜひ早稲田駅前デンタルクリニックへご相談ください。

※2019年現在

入れ歯とインプラント、どちらにも対応可能

入れ歯治療とインプラント治療、どちらか一方を得意としている歯科医師は多いものです。そういった歯科医師は、どうしても患者さまに本当にふさわしい治療ではなく、自分が得意な治療を患者さまに勧めてしまいがちです。

入れ歯にもインプラントにも、それぞれメリットとデメリットがありますし、入れ歯に不向きな患者さま、インプラントに不向きな患者さまというのも存在します。ですから当院では、歯科医師の得意不得意で治療法をお勧めするのではなく、患者さまにとって本当にふさわしい治療を提案したいと考えているのです。

当院の院長は「日本口腔インプラント学会 口腔インプラント専門医」の資格も持つ、インプラント治療のスペシャリストでもあります。入れ歯治療だけでなくインプラント治療も得意としているのです。両方の治療が得意なので、入れ歯とインプラント、それぞれの治療のメリットとデメリットを踏まえ、患者さまにとって本当にふさわしい、一番良い治療をご提案できます。

どちらの治療を受けようか迷っている方も、お気軽にご相談ください。

インプラントと組み合わせた入れ歯も作成できます

インプラントオーバーデンチャー

当院では、「桜井式無痛デンチャー」の他に、インプラントと組み合わせた入れ歯「インプラントオーバーデンチャー」もおすすめしています。

インプラントオーバーデンチャーとは、あごの骨に埋め込んだインプラントを固定源とした入れ歯のことです。

通常の入れ歯は、柔らかい歯ぐき(粘膜)だけで入れ歯を支えているので、どうしても噛む力が弱くなります。すると、お肉やたくあんなどの噛み応えのある食べ物が噛みきれなかったり、グッと噛み込んだときに痛みがでたり、入れ歯がずれたり…といった様々なお悩みがでできてしまいがち。

その点インプラントオーバーデンチャーは、インプラントによって入れ歯がしっかり固定されるため、天然の歯と変わらないほどよく噛めることが特徴です。その他にも、入れ歯が外れにくい、ガタつかない、痛みが出にくいといったメリットもあります。

当院の院長は前述のとおり「日本口腔インプラント学会 口腔インプラント専門医」の資格を持つ歯科医師です。「専門医」の資格は、インプラント治療の技術や知識を学会から認められた歯科医師のみが認定されるもの。外科手術を伴うインプラントオーバーデンチャーの治療も、「専門医」の資格をもつ歯科医師が担当いたしますので、安心してお任せいただけることと思います。

本当に自分に合う入れ歯をお探しの方へ

入れ歯治療には、健康保険が適用される「保険治療」と、健康保険が適用されない「自費治療」があります。

保険治療の最大のメリットは、治療にかかる費用がリーズナブルだという点。しかし、保険治療の入れ歯は、治療方法や入れ歯に使う材料などに細かいルールが定められています。そのため、患者さまごとに綿密な調整を行ったり、作製の際にさまざまな工夫を施したりといった、手間と時間をかけた入れ歯作りはどうしても難しくなります。

また、保険治療の入れ歯は、歯ぐきと接する部分(床)をプラスチック素材で作らなければなりません。プラスチックには、以下のような問題点があります。

  • 強度を出すため、分厚い入れ歯になってしまう
  • 厚みがある分、お口の中で違和感がある
  • 味や温度の感じにくさから、食事が美味しく感じられなくなる
  • 汚れがつきやすく、口臭の原因になりやすい
  • 変形しやすく、ガタつきやすい
  • 人工の歯の部分もプラスチックで作られるため、すり減りやすい

保険治療の入れ歯でも、当院ではもちろん手を尽くして治療を行っています。とはいえ、治療にかけられる手間や時間、また使える素材に制約が生じるため、どうしても自費治療の入れ歯に劣る面が出てくることも事実です。

快適な入れ歯がほしい、きちんと噛める入れ歯がほしい、食事を楽しめる入れ歯がほしい、入れ歯だと他人に気づかれたくない…こういったご要望をお持ちの方は、自費治療の入れ歯をぜひご検討ください。

当院でオススメしている自費治療の入れ歯は、「桜井式無痛デンチャー」と「インプラントオーバーデンチャー」です。

桜井式無痛デンチャー

「痛みにくい・安定してガタつきにくい・より噛みやすい」という、総入れ歯に求められる機能を実現するために開発された治療方法。仮の入れ歯を使って調整を重ね、お口の中で問題なく機能するようになったら、仮の入れ歯をもとに実際の入れ歯を作っていきます。完成までに時間こそかかるものの、患者さまに十分ご満足いただける入れ歯となるでしょう。

インプラントオーバーデンチャー

2~4本のインプラントをあごの骨に埋め込み、それを維持装置として入れ歯を固定する治療方法。インプラントによって入れ歯がしっかり固定されるため、ずれたりガタついたりしにくく、天然の歯と変わらないくらいに噛みやすいことが特徴です。

以下のページもご覧ください

当院で行っている入れ歯治療がどんなものなのか、その特徴をご紹介しています。

当院がご提供している入れ歯治療の種類について、詳しくご説明しています。

ご来院から治療終了まで、どのように治療を進めていくかをご紹介しています。

院内の様子や、治療に使用する設備・機器などをご紹介いたします。

頻繁にお問合せいただくご質問について、回答をまとめました。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布も予約可能です

03-3232-6482

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:9:30~13:00
午後:14:30~19:00
△:14:30~18:00
休診日:木曜・日曜・祝日

03-3232-6482

〒162-0045
東京都新宿区馬場下町61-9 山口ビル2階
東京メトロ東西線「早稲田駅」より徒歩1分