新宿で入れ歯・義歯の治療なら

〒162-0045
東京都新宿区馬場下町61-9 山口ビル2階
東京メトロ東西線「早稲田駅」より徒歩1分

診療時間
9:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × ×

△:14:30~18:00
休診日:木曜・日曜・祝日

ご予約・お問い合わせはこちらへ

03-3232-6482

よくあるご質問

ここでは入れ歯治療に関するよくあるご質問をご紹介します。どうぞ参考にしてください。

歯茎が痩せて入れ歯が合わなくなってきました。補修できるか?

「食事をするときに入れ歯がガタガタする」「話す時に入れ歯が外れそうになる」このような場合は、歯茎が痩せて入れ歯が合わなくなっている証拠かもしれません。また、患者さまより「補修できるのか?」と、ご相談頂くことも多くあります。そこで今回は、合わなくなった入れ歯を補修できるのか、詳しくご紹介して参りましょう。

 

▼歯茎はなぜ痩せる?

歯茎は加齢と共に痩せて行く傾向にあり、更に歯周病に罹患している場合には歯茎や歯を支える役割のある歯槽骨はより一層に痩せて行きます。そのため、顎堤(歯がなくなった歯肉)と呼ばれる入れ歯と接する部分に隙間が生まれてしまい、「食事をする時に入れ歯がガタガタする」、「話す時に入れ歯が外れそうになる」、「入れ歯と顎堤の間に食べカスが入る」などの支障が徐々に現れます。

 

▼補修できる?

入れ歯は歯科用プラスチックで形成されているため、その場で調整・補修することが可能です。何度調整を行っても、入れ歯が合わない場合には、新しく入れ歯を作製することも視野に入れましょう。

 

▼定期的に調整を

「入れ歯が合わなくなってきたことを放置し、急に入れ歯が外れた」このようなケースも多く見受けられ、予期せぬ場面で入れ歯がはずれてしまうことも、予測されます。そうならないためにも、定期的に歯科医院での検診をおすすめ致します。

 

 

以上、今回は歯茎が痩せ入れ歯が合わなくなった場合に、補修ができるのか、ご紹介して参りました。歯茎は加齢によって痩せて行き、定期的に調整を行わなかった場合には、急に入れ歯が外れてしまう恐れもあるため、注意しましょう。入れ歯でお困りの際には、気軽にご相談ください。

以下のページもご覧ください

当院で行っている入れ歯治療がどんなものなのか、その特徴をご紹介しています。

当院がご提供している入れ歯治療の種類について、詳しくご説明しています。

ご来院から治療終了まで、どのように治療を進めていくかをご紹介しています。

院内の様子や、治療に使用する設備・機器などをご紹介いたします。

頻繁にお問合せいただくご質問について、回答をまとめました。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布も予約可能です

03-3232-6482

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:9:30~13:00
午後:14:30~19:00
△:14:30~18:00
休診日:木曜・日曜・祝日

03-3232-6482

〒162-0045
東京都新宿区馬場下町61-9 山口ビル2階
東京メトロ東西線「早稲田駅」より徒歩1分