新宿で入れ歯・義歯の治療なら

〒162-0045
東京都新宿区馬場下町61-9 山口ビル2階
東京メトロ東西線「早稲田駅」より徒歩1分

診療時間
9:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × ×

△:14:30~18:00
休診日:木曜・日曜・祝日

ご予約・お問い合わせはこちらへ

03-3232-6482

よくあるご質問

ここでは入れ歯治療に関するよくあるご質問をご紹介します。どうぞ参考にしてください。

自費の入れ歯はなぜ高い?

入れ歯を作製する際には、保険診療で作製するか、自費診療で作製するか選択することが可能です。保険診療で作製する場合には、総額の数割程度の負担で入れ歯を作製することが可能ですが、自費診療は自由診療とも呼ばれ、最良の技術や材料を使用した入れ歯を作製できるため、自費診療で作製する場合には、その製作費は高価となります。

 

以下が、保険診療で作製する入れ歯と、自費診療で作製する入れ歯の違いです。保険診療の場合には指定された材料や工程で入れ歯を作製することで、保険が適応されるため、自費診療で作製した入れ歯とは異なる点が生まれ、高価となる理由でもあります。

 

▼精密性・適合性

精密性、適合性に優れた入れ歯を製作するには、厳選された材料で数回に分けた丁寧な型取りが必要となり、それらが自費診療の入れ歯が高価になる理由の1つです。保険診療では定められた材料と工程のみが適応されるために、自費診療に比べると精密性や適合性が劣ってしまいます。

 

▼顎の動きに合わせた、咬み合わせ

入れ歯にとって咬み合わせはとても重要なものであり、自費診療の場合には、顎の上下左右の動きにそって何度も調整を重ねて理想の咬み合わせを見いだします。しかし、保険診療の場合には工程なども定められているために、何度も調整を重ねることは困難となります。顎の動きは複雑であり理想の噛み合わせを見いだすために高価となる傾向にあります。

 

▼装着時のフィット感

保険診療で作製した入れ歯の多くは歯科用レジンと呼ばれるプラスチックでできています。入れ歯の強度を上げるためにも、入れ歯にはある程度の厚さが必要となりますが、この厚さが口の中では違和感を与えフィット感に欠けるために、喋りづらい、食べづらい、などの感覚が生まれてしまいます。自費診療の場合には、薄い金属を使用し違和感を軽減させるだけではなく、食べ物の温度や食感を楽しむことが可能となります。金属を使用するため自費診療が高価になる傾向にあります。

 

▼耐久性

保険診療の場合には、先程もご紹介した歯科用プラスチックであるレジンを使用しているため、破損するリスクも高まりますが、自費診療の場合には金属を使用するために、保険診療で作製した入れ歯に比べると耐久性に優れ、耐久性を求めるためにも金属を使用するため、高価になる理由の1つです。

 

▼審美性

部分入れ歯の場合には、口の中で入れ歯を維持するために、クラスプと呼ばれる金属の引っ掛けを歯に装着しますが、口元から見えてしまうケースもあり、審美性に劣ってしまいます。自費診療の場合には、それらクラスプを目立たなくすることが可能であり、自費診療が保険診療よりも高価となる理由の1つです。

 

 

以上、このような理由から自費診療の入れ歯は高価になる傾向にあります。入れ歯の作製について考えの場合には、お気軽にご相談ください。

以下のページもご覧ください

当院で行っている入れ歯治療がどんなものなのか、その特徴をご紹介しています。

当院がご提供している入れ歯治療の種類について、詳しくご説明しています。

ご来院から治療終了まで、どのように治療を進めていくかをご紹介しています。

院内の様子や、治療に使用する設備・機器などをご紹介いたします。

頻繁にお問合せいただくご質問について、回答をまとめました。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布も予約可能です

03-3232-6482

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:9:30~13:00
午後:14:30~19:00
△:14:30~18:00
休診日:木曜・日曜・祝日

03-3232-6482

〒162-0045
東京都新宿区馬場下町61-9 山口ビル2階
東京メトロ東西線「早稲田駅」より徒歩1分