新宿で入れ歯・義歯の治療なら

〒162-0045
東京都新宿区馬場下町61-9 山口ビル2階
東京メトロ東西線「早稲田駅」より徒歩1分

診療時間
9:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × ×

△:14:30~18:00
休診日:木曜・日曜・祝日

ご予約・お問い合わせはこちらへ

03-3232-6482

よくあるご質問

ここでは入れ歯治療に関するよくあるご質問をご紹介します。どうぞ参考にしてください。

入れ歯を作るために抜歯が必要なケースとは?

永久歯を抜いてしまうと、二度と歯が生えてくることはありません。近年では、自身の天然の歯をいかに維持するか、末永く自身の歯で食事を行えることが健康にも繋がるとの考えから、歯をできるだけ温存することが重要だと考えられています。そこで今回は、入れ歯を作るために抜歯が必要なケースがあるのか、詳しくご紹介して参りましょう。

 

▼抜歯はどの場合に行うのか?

まず、抜歯を必要とする状況はどの場合に行うのか、確認して行きましょう。

 

【虫歯】

虫歯が進行して、歯髄を蝕み、歯をこれ以上維持できないと判断された場合に、抜歯が適応となります。

 

【歯周病】

歯周病が進行すると歯を支える役割のある、歯周組織(歯肉・セメント質・歯根膜・歯槽骨)が破壊され、次第に歯を支えきれなくなり、抜歯を余儀なくされます。

 

【事故などによる外傷】

交通事故などによる外傷で、歯をこれ以上維持できないと判断された場合には、抜歯を行います。

 

▼入れ歯を作るために抜歯が必要?

冒頭でもご紹介したように、入れ歯を作るためだけに抜歯を行うことはなく、虫歯、歯周病、外傷などによって歯を維持できないと判断された場合にのみ、抜歯が行われます。

 

▼抜歯後に即日入れ歯を入れることもできる

計画てきに抜糸を行う場合には、入れ歯を即日入れることが可能です。しかし、抜歯窩(抜歯してできた傷)が治癒次第、更にあらたな入れ歯を作製が必要となる場合もあります。

 

 

以上、今回は入れ歯を作製するために抜歯が必要なケースがあるのか、抜歯が必要なケースはどのような時か、ご説明して参りました。入れ歯でお困りの際には、お気軽にご相談ください。

以下のページもご覧ください

当院で行っている入れ歯治療がどんなものなのか、その特徴をご紹介しています。

当院がご提供している入れ歯治療の種類について、詳しくご説明しています。

ご来院から治療終了まで、どのように治療を進めていくかをご紹介しています。

院内の様子や、治療に使用する設備・機器などをご紹介いたします。

頻繁にお問合せいただくご質問について、回答をまとめました。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布も予約可能です

03-3232-6482

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:9:30~13:00
午後:14:30~19:00
△:14:30~18:00
休診日:木曜・日曜・祝日

03-3232-6482

〒162-0045
東京都新宿区馬場下町61-9 山口ビル2階
東京メトロ東西線「早稲田駅」より徒歩1分