新宿で入れ歯・義歯の治療なら

〒162-0045
東京都新宿区馬場下町61-9 山口ビル2階
東京メトロ東西線「早稲田駅」より徒歩1分

診療時間
9:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × ×

△:14:30~18:00
休診日:木曜・日曜・祝日

ご予約・お問い合わせはこちらへ

03-3232-6482

よくあるご質問

ここでは入れ歯治療に関するよくあるご質問をご紹介します。どうぞ参考にしてください。

保険入れ歯と自費入れ歯では作製期間に違いはありますか。

患者さまより「早急に入れ歯が欲しい」、「保険と自費どちらの作製期間が短いか」など、制作期間について、ご質問やご相談をいただくこともありますが、入れ歯を作製するには、それ相当な時間が必要とされています。そこで今回は、入れ歯保険診療と自費診療では作製期間に違いのあるのか、詳しくご紹介して参りましょう。

 

▼入れ歯の作製工程

まずは、入れ歯の作製工程を確認しましょう。

 

1)     口腔内検査

2)     型取り

3)     個人トレーで型取り

4)     咬み合わせの型取り

5)     試適

6)     装着

7)     調整

 

上記のような工程を経て、入れ歯は作製されています。

 

▼保険と自費の違い

保険診療では、定められた材料と機器をよういて作製しなければなりませんが、自費診療では、材料、機器、工程を自由に定めることができるため、最良な入れ歯を作製することが可能となり、自費で作製する入れ歯に比べると、保険で作製する入れ歯は機能性や審美性に劣ってしまいます。

 

▼作製期間の違い

上記でご紹介した通り、入れ歯を完成させるまでには、様々な工程を経て作製されるため、1日や2日で入れ歯を作製することは困難であり、保険で作製する入れ歯の場合には最短2週間から1ヶ月、自費の場合には最短でも2ヶ月から3ヶ月程の期間が必要と考えられています。

 

顎の動きはとても複雑であり、保険の場合には定められた工程のみで入れ歯を作製しなければならず、短期間の入れ歯作製期間でありますが、時間を掛けずに入れ歯を作製しなければならないため、その後の調整期間に時間を要することも多くあります。

 

一方、自費診療の場合には工程を自由に設定でき、精密な入れ歯の作製を行うために、数回に渡りお口の型取りなどを行えるために、作製期間は長くなってしまいますが、完成後の調整は比較的短期間で完了することが可能となります。

 

以上、今回は入れ歯の作製期間について詳しくご紹介して参りました。入れ歯の作製期間は保険の方が短期間で作製することが可能でありますが、その後の調整で時間を要するケースもしばし見受けられますが、自費では作製まで時間を要することが多いものの、その後の調整では比較的容易に行うことが可能であります。

 

入れ歯の作製をお考えの場合には、気軽にご相談下さい。

 

 

以下のページもご覧ください

当院で行っている入れ歯治療がどんなものなのか、その特徴をご紹介しています。

当院がご提供している入れ歯治療の種類について、詳しくご説明しています。

ご来院から治療終了まで、どのように治療を進めていくかをご紹介しています。

院内の様子や、治療に使用する設備・機器などをご紹介いたします。

頻繁にお問合せいただくご質問について、回答をまとめました。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布も予約可能です

03-3232-6482

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:9:30~13:00
午後:14:30~19:00
△:14:30~18:00
休診日:木曜・日曜・祝日

03-3232-6482

〒162-0045
東京都新宿区馬場下町61-9 山口ビル2階
東京メトロ東西線「早稲田駅」より徒歩1分