新宿で入れ歯・義歯の治療なら

〒162-0045
東京都新宿区馬場下町61-9 山口ビル2階
東京メトロ東西線「早稲田駅」より徒歩1分

診療時間
9:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × ×

△:14:30~18:00
休診日:木曜・日曜・祝日

ご予約・お問い合わせはこちらへ

03-3232-6482

よくあるご質問

ここでは入れ歯治療に関するよくあるご質問をご紹介します。どうぞ参考にしてください。

若くして入れ歯を作ったら、口の形が変わって入れ歯が合わなくなることはあるのか?

患者さまより、上記タイトルのようなご相談をいただくことがありますが、お口の中の状態は常に変化し続けるために、若くして入れ歯を作製した場合には、入れ歯が合わなくなる可能性があります。入れ歯の寿命は約8年と言われており、「入れ歯は一生物」とイメージをお持ちの人も少なくありませんが、入れ歯はいずれ新たに作り直す必要性があります。

 

特に歯を支える歯肉や歯槽骨は、加齢と共に痩せていく傾向にあり、若くして入れ歯を作製した場合には、調整や新たな入れ歯が必要になる可能性は、高齢者になって入れ歯を作った場合と比較した場合には非常に高いと言えるでしょう。

 

しかし、「後々、新たに入れ歯を作る必要性がでるのなら、今は入れ歯を作らない」と歯を失っているのにもかかわらず入れ歯を作製することを避けることは、おすすめ致しません。

 

なぜならば、歯を抜けたまま放置してしまった場合には、歯が抜けてできたスペースに、左右の歯が移動してきてしまい、咬み合わせ、歯並びに影響を与え、食事がし辛くなったり、喋り辛くなったりと、様々な支障が生じるリスクを伴います。

 

また、歯を支える歯槽骨は歯から伝わる振動などの外部からの刺激がないと、痩せていく傾向があり、老け顔の原因になるとも言われています。

 

 

若くして入れ歯が必要になった場合には、将来的には入れ歯をまた新調する必要性があることを念頭に置いておきましょう。

以下のページもご覧ください

当院で行っている入れ歯治療がどんなものなのか、その特徴をご紹介しています。

当院がご提供している入れ歯治療の種類について、詳しくご説明しています。

ご来院から治療終了まで、どのように治療を進めていくかをご紹介しています。

院内の様子や、治療に使用する設備・機器などをご紹介いたします。

頻繁にお問合せいただくご質問について、回答をまとめました。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布も予約可能です

03-3232-6482

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:9:30~13:00
午後:14:30~19:00
△:14:30~18:00
休診日:木曜・日曜・祝日

03-3232-6482

〒162-0045
東京都新宿区馬場下町61-9 山口ビル2階
東京メトロ東西線「早稲田駅」より徒歩1分