新宿で入れ歯・義歯の治療なら

〒162-0045
東京都新宿区馬場下町61-9 山口ビル2階
東京メトロ東西線「早稲田駅」より徒歩1分

診療時間
9:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × ×

△:14:30~18:00
休診日:木曜・日曜・祝日

ご予約・お問い合わせはこちらへ

03-3232-6482

よくあるご質問

ここでは入れ歯治療に関するよくあるご質問をご紹介します。どうぞ参考にしてください。

歯が何本無くなったら義歯を装着すればよいか?

「入れ歯は何本の歯が無くなった場合、装着しなければなりませんか?」と、患者さまよりご相談頂くことがあります。歯は何本失った時点で、入れ歯が作製できるのか、意外に知られていません。そこで今回は、入れ歯は何本歯を失ったら作製できるのか、詳しくご紹介して参りましょう。

 

▼入れ歯は何本歯を失うと作製できるの?

虫歯や歯周病、外傷などで歯を失ってしまった場合の治療の選択肢の1つに入れ歯が挙げられますが、入れ歯の場合には歯を1本失った時点で、入れ歯を作製することが可能であります。

 

1歯欠損の場合には、両隣の歯に金属の引っ掛けであるクラスプを掛け、入れ歯をお口の中で維持し、入れ歯は失った歯の部位、本数に応じてその形態も変動していきます。

 

▼入れ歯は何本まで可能?

入れ歯は1本の歯を失った時点から行える治療法であり、32本ある歯を全て失った場合にも適応が可能な治療法であり、顎の歯を全て失った際には総入れ歯が適応されます。

 

▼他の治療法では?

入れ歯以外で歯を失った際の治療法として挙げられる、インプラント、ブリッジも入れ歯と同様に歯を1本失った時点で、部分入れ歯治療を行うことが可能となりますが、インプラントは外科手術が必要となり、ブリッジの場合には両隣の健康な歯を削る必要があります。

 

 

以上、今回は何本歯を失った時点で入れ歯が作製できるのか、ご紹介して参りました。入れ歯の作製をお考えの場合には、お気軽にご相談ください。         

以下のページもご覧ください

当院で行っている入れ歯治療がどんなものなのか、その特徴をご紹介しています。

当院がご提供している入れ歯治療の種類について、詳しくご説明しています。

ご来院から治療終了まで、どのように治療を進めていくかをご紹介しています。

院内の様子や、治療に使用する設備・機器などをご紹介いたします。

頻繁にお問合せいただくご質問について、回答をまとめました。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布も予約可能です

03-3232-6482

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:9:30~13:00
午後:14:30~19:00
△:14:30~18:00
休診日:木曜・日曜・祝日

03-3232-6482

〒162-0045
東京都新宿区馬場下町61-9 山口ビル2階
東京メトロ東西線「早稲田駅」より徒歩1分