新宿で入れ歯・義歯の治療なら

〒162-0045
東京都新宿区馬場下町61-9 山口ビル2階
東京メトロ東西線「早稲田駅」より徒歩1分

診療時間
9:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × ×

△:14:30~18:00
休診日:木曜・日曜・祝日

ご予約・お問い合わせはこちらへ

03-3232-6482

よくあるご質問

ここでは入れ歯治療に関するよくあるご質問をご紹介します。どうぞ参考にしてください。

歯が無いと噛みづらい以外に何か悪影響はあるのか?

「歯を1本や2本失っても噛みづらい以外、特に影響はない」と考える人も多く存在し、実際に虫歯や歯周病で歯を失ったまま、治療を行わずに放置してしまう人もめずらしくありません。しかし、歯がないまま放置してしまった場合には、「噛みづらい」以外にも、悪影響をきたすリスクが非常に高いと考えられています。そこで今回は、なぜ歯を失ったまま治療を行わず放置してはいけないのか、詳しくご紹介していきましょう。

 

まず、歯を失ったまま放置してしまうと、健在する左右の歯が空いているスペースに移動してくる傾向があるために、歯並びや咬み合わせに悪影響を及ぼします。更に、失った歯の対合歯にあたる歯にも影響を与え、咬み合う歯が存在しないことから浮き上がる傾向にあります。

 

このように、歯並びや咬み合わせに少しでもバランスが崩れると、顔や口周りだけではなく、全身のバランスにまで影響がでてしまうリスクが生じます。

 

また、歯を失ったまま放置してしまうと、歯を支える骨である歯槽骨にも影響を与え、歯を失ったことから、歯から伝わる刺激を歯槽骨が受けなくなり、痩せていきます。歯槽骨が痩せていくと、現在使用の入れ歯が合わなくなったり、将来的にインプラント治療を受けることが困難になったり、または輪郭に影響を与え人によっては老けた印象を与える原因になりかねません。

 

歯を失ったまま放置することで、下記のように様々な支障をきたす恐れがあります。

 

▼歯列や咬み合わせがずれ、全身のバランスが崩れる

▼歯が浮いてくる

▼歯槽骨が痩せる

▼審美性に欠ける

▼食べ物を噛み砕くことができず、消化不良

▼発音がしづらくなる

 

上記のトラブルを避けるためにも、歯を何らかの理由で失った場合、治療を放置せずに、歯科医院で治療を行うことをおススメ致します。

 

 

以下のページもご覧ください

当院で行っている入れ歯治療がどんなものなのか、その特徴をご紹介しています。

当院がご提供している入れ歯治療の種類について、詳しくご説明しています。

ご来院から治療終了まで、どのように治療を進めていくかをご紹介しています。

院内の様子や、治療に使用する設備・機器などをご紹介いたします。

頻繁にお問合せいただくご質問について、回答をまとめました。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布も予約可能です

03-3232-6482

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:9:30~13:00
午後:14:30~19:00
△:14:30~18:00
休診日:木曜・日曜・祝日

03-3232-6482

〒162-0045
東京都新宿区馬場下町61-9 山口ビル2階
東京メトロ東西線「早稲田駅」より徒歩1分