新宿で入れ歯・義歯の治療なら

〒162-0045
東京都新宿区馬場下町61-9 山口ビル2階
東京メトロ東西線「早稲田駅」より徒歩1分

診療時間
9:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × ×

△:14:30~18:00
休診日:木曜・日曜・祝日

ご予約・お問い合わせはこちらへ

03-3232-6482

よくあるご質問

ここでは入れ歯治療に関するよくあるご質問をご紹介します。どうぞ参考にしてください。

入れ歯を修理すべき状態とはどんな状態?

入れ歯が壊れているのにもかかわらず、そのまま使い続ける人、自身で修理して使い続ける人、修理するべきか悩んでいる人も少なからず見受けられます。そこで今回は、入れ歯を修理すべき状態とはどのような状態であるか、詳しくご紹介しましょう。

 

▼入れ歯の特徴

まずは、入れ歯の特徴を確認しましょう。

 

【部分入れ歯】

一部の歯が欠損した場合に必要となる部分入れ歯です。部分入れ歯は既存の歯にクラスプと呼ばれる金属の引っ掛けを掛け、お口の中で維持します。人工歯や歯肉部分は歯科用プラスチックで作製されており、耐性に弱く、熱や外部からの力で破損する恐れがあります。

 

【総入れ歯】

顎のすべての歯を失った際に必要とされるのが、総入れ歯です。部分入れ歯のように支えとなる歯がないために、顎堤とよばれる歯がない状態の歯肉に総入れ歯を吸着させて、お口の中で維持させます。総入れ歯もまた、人工歯や歯肉部分は歯科用プラスチックで作製されており、耐性に弱く、熱や外部からの力で破損する恐れがあります。

 

▼修理すべき状態

下記のような状態である場合には、速やかに歯科医院での修理が必要となります。

 

【人工歯の破損】

人工歯は歯科用プラスチック製であるために、外部からの強い力により、破損する恐れがあります。

 

【ひび割れ・亀裂】

入れ歯の殆んど歯科用プラスチックで形成されているため、ひび割れ・亀裂が入る場合もあります。ひび割れ・亀裂程度なら使用に問題がないと使い続ける患者さまも少なからずいらっしゃいますが、すみやかな修理が必要であります。

 

【割れた】

ひび割れ・亀裂同様にすみやかな修理が必要であります。割れたまま使用できないため、患者さま自ら市販の接着剤で修理を行うことも見受けられますが、お口の中で使用するものであるために、望ましい修理方法とは言えません。

【クラスプの破損】

金属でできていますが、強い力が加わり稀に破損することもあります。クラスプが使用できなくなれば、入れ歯を維持することも難しく、お口の中を傷つける恐れもあるために速やかな修理が必要となります。

 

以上、今回は入れ歯を修理すべき状態とはどのような状態なのか、ご紹介して参りました。入れ歯が修理すべき状態であるにもかかわらず、使用し続けた場合には、歯肉や粘膜、舌などを傷つけてしまう恐れもあるため、速やかに修理を行うために歯科医院を受診しましょう。

 

 

以下のページもご覧ください

当院で行っている入れ歯治療がどんなものなのか、その特徴をご紹介しています。

当院がご提供している入れ歯治療の種類について、詳しくご説明しています。

ご来院から治療終了まで、どのように治療を進めていくかをご紹介しています。

院内の様子や、治療に使用する設備・機器などをご紹介いたします。

頻繁にお問合せいただくご質問について、回答をまとめました。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布も予約可能です

03-3232-6482

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:9:30~13:00
午後:14:30~19:00
△:14:30~18:00
休診日:木曜・日曜・祝日

03-3232-6482

〒162-0045
東京都新宿区馬場下町61-9 山口ビル2階
東京メトロ東西線「早稲田駅」より徒歩1分